支払いの計画性

目的型ローンの場合、毎月の返済回数は1度で、1度に決められた金額を返済する必要があります。決められた返済額以上に返済をしたい場合は、別途手数料が掛かる事がほとんどですから、目的型ローンを提供する銀行などからお金を借りる場合は、繰上げ返済しない方がほとんどです。

 

プロミスなどの消費者金融が提供するキャッシングは、借入限度額の上限までは月に何度でも借入と返済が行えます。ですからひと月に何度も借入・返済手続を行なう方が多いのです。

 

キャッシングの場合、特定の方法で返済を行わない場合は手数料が掛かる事もありませんし、自由に利用する事が出来ます。返済に手数料が掛かるケースは、コンビニ払いや提携ATMを利用した返済を行った場合などです。

 

しかし中にはこういった手数料も全て消費者金融側が負担してくれる所もありますから、利用前に事前確認しておく必要があります。長期に渡る借入契約を希望するのであれば、コンビニ払いやプロミスを含めた提携ATMを利用した返済を行う機会も増えます。

 

毎月の利息相当分以外に余計な支払をしなくて良いよう、便利な返済方法を利用した場合でも、返済手数料を徴収しない消費者金融を探して利用するべきであります。返済手数料完全無料をアピールポイントとしている所もありますから、プロミスだけに拘らずに探して利用する事をおすすめします。

 

プロミスと同等の大手消費者金融のモビットにおいても、やはり支払いの計画性は重要となります。金利面はプロミスとほぼ変わりがありませんので、利用をする際にはよくモビットを確認で情報を見ておくと良いでしょう。